ようこそ ゲストユーザ さん 2019年10月21日(月) 11:33 JST

黒米のレシピ(炊き方・食べ方)

  • 印刷用画面
  • 2007年9月29日(土) 08:03 JST


黒米は、その名の通り黒い天然色素(アントシアニン)を多く含む古代米の一種です。普通の白米に比べ食物繊維、ビタミンB1・B2・E・鉄分・亜鉛・カルシウム・マグネシウムなどが豊富に含まれています。活性酸素・中性脂肪から体を守り、頑固な便秘も解消し、さらに目にも良い、私たちのスーパーライスといえるでしょう。

玄米黒米(くろごめ・くろまい)は、
玄米食のような 「臭いがちょっと気になって・・・」
と言われる方でも大丈夫です。


国内産 黒米(うるち米)

180g ¥630(税込)

注文はこちらへ



黒米(くろごめ・くろまい)は
ポリフェノールと食物繊維が豊富な
古代の自然健康食
白米と一緒に炊くだけで、簡単に召し上がれます。
調理方法
1.
一般米1合に対し、大さじ1杯程度を混ぜ、しばらく水につけて炊きます。
  ※この時、黒米は研がない(洗わない)で下さい。
  体に良い成分、黒色のアントシアニンが水に溶けてなくなってしまいます。
2.
5時間程度水に浸して置いてください。
  ※急いで炊きたい時は、お椀に黒米だけを30分位お湯に浸してから白米に混ぜて炊いて下さい。
  ※コリコリとした食感が好きな方は、浸さずにそのまま炊いても召上れます。
   
炊き上がりは、赤飯の様に赤紫色に炊き上がります。
   
お粥で食べるには
  白米に対してお好みの量の黒米を加えて炊きます。
水は普通のお粥より多めにしてください。
   

古代米 黒米/うるち米 (くろごめ・くろまい)

  • 印刷用画面
  • 2007年9月29日(土) 08:02 JST


黒米は、その名の通り黒い天然色素(アントシアニン)を多く含む古代米の一種です。普通の白米に比べ食物繊維、ビタミンB1・B2・E・鉄分・亜鉛・カルシウム・マグネシウムなどが豊富に含まれています。活性酸素・中性脂肪から体を守り、頑固な便秘も解消し、さらに目にも良い、私たちのスーパーライスといえるでしょう。

玄米黒米(くろごめ・くろまい)は、
玄米食のような 「臭いがちょっと気になって・・・」
と言われる方でも大丈夫です。


国内産 黒米(うるち米)

180g ¥630(税込)

注文はこちらへ

美味しさの秘密は、"うるち米の黒米"だからです


一般的な黒米は、 もち米の場合が多く、粘りが強いのが気になる方もいるようです。私たちの黒米(くろごめ・くろまい)は、日本国内でも珍しい”うるち米”の黒米です。

「美味しいご飯」とは、見た目(外観)もよく、良い香りがして、粘りがあり、適度な硬さを持つものが一般的には「美味しいご飯」とされ、特に粘りが重要視されているようです。食べ物を美味しいと感じるとき、私たちは舌だけでなく、実は五感を使って味わっています。

 赤飯の様に赤紫色に炊き上がった黒米入りご飯を見て、ほのかな香りを嗅ぎ、口に入れて粘り具合と、噛み締めるときのときのご飯粒の硬さ、かすかな甘さ、なめらかな喉ごしを感じて、はじめてご飯を美味しいと思うのです。

アントシアニンとは?
とても大切な栄養素なのです
「アントシアニン」は、ポリフェノールの一種です。抗酸化作用があって、身体が酸化するのを防いでくれます。シミ・ソバカスの改善、造血作用や胃腸の働きを助けてくれます。豊富なビタミンや鉄・カルシウムなどのミネラルは、妊婦さんの栄養補給にも良いですね。目の疲れにも。


  • 原産地:福島県
  • 内容量:180g
  • 原料玄米:国内産100% 特別栽培米 黒米(くろごめ・くろまい)うるち米
  • 販売者:ふくしま頑固や (有)アークトゥウェンティワン


福島県 会津磐梯山を背に生産者